クラスA全天日射計・天空散乱日射計

 スペクトラリーフラット・クラスA全天日射計 LPPYRA10μV出力 LPPYRA10ACDC4~20mA出力 LPPYRA10AVDC0~1V出力 LPPYRA10ACSDC4~20mA+RS485出力 LPPYRA10SRS485出力 LPPYRA10S12SDI-12出力  スペクトラリーフラット・クラスA天空散乱日射計 LPPYRA13μV出力 LPPYRA13ACDC4~20mA出力 LPPYRA13AVDC0~1V出力 LPPYRA13ACSDC4~20mA+RS485出力 LPPYRA13SRS485出力 LPPYRA13S12SDI-12出力

■ISO9060:2018適合クラスA全天日射計・天空散乱日射計
■高感度で全天、天空散乱日射量を正確に測定
■出力μV /(W/m²)、DC4~20mA、0~1V、RS485、SDI-12
■結露防止用シリカゲルカートリッジ内蔵(交換可能)

デルタオーム全天日射計LPPYRA10、天空散乱日射計LPPYRA13は一般に市販される日射計としては最上級の、ISO9060:2018スペクトラ リーフラット・クラスA(Spectrally Flat Class A)に等級付けられる日射計で、WMO(世界気象機構)の基準(Guide to Meteorological Instruments and Methods of Observation)にも準拠しています。
LPPYRA10は直達放射と散乱放射の合計(全天日射量)を測定する全天日射計です。堅牢で測定信頼性が高く、厳しい環境条件での長期屋外使用にも耐える設計です。
LPPYRA13はLPPYRA10の全天日射計に、センサを直達日射から遮断する遮蔽リングを備えており、これにより天空散乱日射の正確な測定が可能です。

LPPYRA10(クラスA)およびLPPYRA13(クラスA)は、以下の6種類の出力バージョンで供給可能です:

  • LPPYRA1□ 出力:μV/(W/m²) 電源電圧:不要
  • LPPYRA1□AC 出力:DC4~20mA 電源電圧:DC10~30V
  • LPPYRA1□AV 出力:DC0~1V/0~5V/0~10V(ご注文時要指定) 電源電圧:DC10~30V(0~1V/0~5V出力)、DC15~30V(0~10V出力)
  • LPPYRA1□ACS 出力:DC4~20mA+RS485Modbus-RTU 電源電圧:DC10~30V(アナログ出力)、DC5~30V(RS485出力)
  • LPPYRA1□S 出力:RS485Modbus-RTU 電源電圧:DC5~30V
  • LPPYRA1□S12 出力:SDI-12 電源電圧:DC7~30V

パッシブタイプのLPPYRA10はSICRAMモジュールにより、全天日射計プローブLP471PYRA10として、照度・輝度・放射照度計HD2302.01、HD2102.21やマルチファンクションデータロガーHD31に接続でき、日射量の直読や測定日射量の長期データロギングが可能です。

■テクニカルデータ

代表感度 ※16~11μV/(W/m²)
インピーダンス5~50Ω
測定範囲 ※20~2000W/m²
視角2πsr
スペクトル範囲(50%)283~2800nm
動作温湿度-40~+80℃・0~100%RH
外形寸法Fig.A参照
重量約0.75kg(μV出力)、約0.9kg(左記以外の出力)
ISO9060:2018準拠仕様:
クラススペクトラリーフラットクラスA
応答時間(95%)<5秒
ゼロオフセット:
a)対熱放射応答(200W/m²)<|±7|W/m²
b)対温度変化応答(5K/h)<|±2|W/m²
c)効果a)、b)およびその他の要因を
 含む総ゼロオフセット
<|±10|W/m²
長期非安定性(1年)<|±0.5|%
非直線性<|±0.2|%
余弦則応答<|±10|W/m²
スペクトル誤差<|±0.2|%
温度応答(-10~+40℃)<1%
傾斜応答
<|±0.2|%
温度範囲0~100%
MTBF>10年
気泡水準器精度<0.1°
保護等級IP67
LPPYRA13遮蔽リング:
重量約5.90kg
リング径570mm
高さ54mm
ベース径300mm

※1 ご指定により任意の代表感度での製品供給が可能です。
   例:日本国内太陽光発電用途では7μV/(W/m²)
※2 電流および電圧出力では測定範囲0~4000W/m²でのスケーリングが可能です。
   (型式末尾-AC4、-AV4、-ACS4)

資料請求・お見積り