クラスB全天日射計・天空散乱日射計

 スペクトラリーフラット・クラスB全天日射計 LPPYRA02μV出力 LPPYRA02ACDC4~20mA出力 LPPYRA02AVDC0~1V出力 LPPYRA02ACSDC4~20mA+RS485出力 LPPYRA02SRS485出力 LPPYRA02S12SDI-12出力  スペクトラリーフラット・クラスB天空散乱日射計 LPPYRA12μV出力 LPPYRA12ACDC4~20mA出力 LPPYRA12AVDC0~1V出力 LPPYRA12ACSDC4~20mA+RS485出力 LPPYRA12SRS485出力 LPPYRA12S12SDI-12出力

■ISO9060:2018適合クラスB全天日射計・天空散乱日射計
■高感度で全天、天空散乱日射量を正確に測定
■出力はμV /(W/m²)、DC4~20mA、0~1V、RS485、SDI-12

全天日射計LPPYRA02(クラスB)および天空散乱日射計LPPYRA12(クラスB)はISO9060:2018標準に完全準拠し、世界気象機構(WMO)が定義する要求を満足しています。
これらの日射計は高い感度で0~2000W/m²の太陽放射を高精度に測定します。堅牢な構造で、いかなる天候条件においても屋外で使用できるように設計されており、長期測定において高い信頼性を有しています。大気に関するリサーチ、気象ステーション、気候学、省エネルギーリサーチ、光電池工場の生産性効率の分析、その他日射量測定を必要とする用途にご使用下さい。
LPPYRA02(クラスB)は全天日射量(スペクトル域283nm~2800nm)を測定します。
LPPYRA12(クラスB)はLPPYRA02(クラスB)の全天日射計に、センサを直達日射から遮蔽する遮断リングを備えており、これにより天空散乱日射光の正確な測定が可能です。
すべての日射計は個別に校正され、標準でWRR(世界放射基準)校正レポートと共に供給されます。

LPPYRA02(クラスB)、LPPYRA12(クラスB)は、以下の6種類の出力バージョンで供給可能です:

  • LPPYRA□2 出力:μV/(W/m²) 電源電圧:不要
  • LPPYRA□2AC 出力:DC4~20mA 電源電圧:DC10~30V
  • LPPYRA□2AV 出力:DC0~1V/0~5V/0~10V(ご注文時要指定) 電源電圧:DC10~30V(0~1V/0~5V出力)、DC15~30V(0~10V出力)
  • LPPYRA□2ACS 出力:DC4~20mA+RS485Modbus-RTU 電源電圧:DC10~30V(アナログ出力)、DC5~30V(RS485出力)
  • LPPYRA□2S 出力:RS485Modbus-RTU 電源電圧:DC5~30V
  • LPPYRA□2S12 出力:SDI-12 電源電圧:DC7~30V

■テクニカルデータ

代表感度 ※16~12μV/(W/m²)
インピーダンス33~45Ω
測定範囲 ※20~2000W/m²
視角2πsr
スペクトル範囲(50%)283~2800nm
動作温湿度-40~+80℃・0~100%RH
重量約0.75kg(μV出力)、約0.9kg(左記以外の出力)
ISO9060:2018準拠仕様:
クラススペクトラリーフラットクラスB
応答時間(95%)<10秒
ゼロオフセット:                        
a)対熱放射応答(200W/m²)<|±10|W/m²
b)対温度変化応答(5K/h)<|±4|W/m²
c)効果a)、b)およびその他の要因を
 含む総ゼロオフセット
<|±15|W/m²
長期非安定性(1年)<|±1|%
非直線性<|±1|%
余弦則応答<|±18|W/m²
スペクトル誤差<|±0.5|%
温度応答(-10~+40℃)<1.5%
傾斜応答
<|±2|%
温度範囲0~100%
MTBF>10年
気泡水準器精度<0.1°
保護等級IP67
LPPYRA12用遮蔽リング:
重量約5.90kg
リング径570mm
高さ54mm
ベース径300mm

※1 ご指定により任意の代表感度での製品供給が可能です。
   例:日本国内太陽光発電用途では7μV/(W/m²)
※2 電流および電圧出力では測定範囲0~4000W/m²でのスケーリングが可能です。
   (型式末尾-AC4、-AV4、-ACS4)

資料請求・お見積り