よくある質問

現地での日射量の測定方法
動作確認2015.07.07
日射量の算出方法は以下の通りです。 日射計より直接電圧を測定する。 ①変換箱に接続されている日射計出力ケーブルを外す ②+(赤)、-(赤白)間の電圧値を測定する ③②で出た電圧値÷日射計個...続きを読む
気温計設置後の動作確認(比較)
動作確認2015.07.07
気象庁が示す計測指南に従った気温測定であれば周囲の輻射熱の排除が行えているはずですので、現地にてアスマン式の強制通風との比較を行えば検証が行えます。ただしPVの場合は周囲の輻射熱を含めた測定を行う事が...続きを読む
PV用計測器の保守・点検方法
保守・点検 / 修理2015.07.07
日射計 ・ガラスドームに汚れがないか目視。汚れていれば水と一般のレンズクリーナーで洗浄して下さい。 ・コネクタ部やケーブルに損傷がないかご確認下さい。 ・2年に1度の校正を推奨しております。校正...続きを読む
日射計 ガラスドームの修理について
保守・点検 / 修理2015.07.07
日射計のガラスドームは接着剤で取り付けている為(取り外し不可)、交換や修理はできず新品をご購入いただくか保証内であれば新品交換する事となります。 在庫はございますので、ご発注より2~3日で出荷対応可...続きを読む
故障かなと思ったら
保守・点検 / 修理2015.07.07
故障かなと思われる前に以下をご確認下さい。 ・日射計本体へのコネクタ接続部が外れかかっていないか。 ・ケーブルが断線しかかっていないか。 ・気象信号変換箱もしくはパワコンへの接続部が外れていない...続きを読む
日射計ガラスドーム内の結露について
結露2015.07.07
LP PYRA03 ( クラス2 ) は非常に低い確率ですが、ガラスドーム内に結露が発生した事象が存在します。 日射計はガラス製ドーム部とアルミ製筐体を特殊な樹脂接着剤で結合し、内部の密閉性を保...続きを読む
日射計校正について
校正2015.07.07
日射計は、変換器を通して電気信号(DC4~20mA)を送るのが主となります。変換器に日射計を接続する際、個々の感度値を用いて出力スパンを調整し、0~1.43kW/m²の測定範囲を出力します。 しかし...続きを読む
日射計の校正に要する日数
校正2015.07.07
現地では校正が行えません。コネクタ含めケーブルを取り外し、本体のみ弊社へご発送下さい。 弊社での実作業日数は2~3日程度となります。 ※故障・不具合が判明した場合は別途日数を要します。...続きを読む
日射計の校正周期 ( 推奨 )
校正2015.07.07
日射計は計量法等に該当しない気象計測器ですので、拘束力のある校正期間・交換期間は定められておりません。ISO9001にて所有測定器の校正期間を定めるのと同様、最終的にはお客様による判断となります。 ...続きを読む
気温計の校正について
校正2015.07.07
気温計は、基準温度計とともに安定した温度の環境に馴染ませ、出力の比較を行います。 0℃ 1点を予定しております。...続きを読む