pH・mVシュミレータ

HD9609

■pH・mV測定機器の簡易校正
■電池駆動(電圧低下表示)
■分解能0.1pH/1mV
■出力インピーダンス高/低選択

HD9609はpHまたはmVを測定する測定器のチェックと校正に使用するシミュレータです。分解能0.10pHまたは1mVの出力により、ポータブル、プロセス型、パネル取付け型を問わず、あらゆるpH、mV測定器のチェック、校正の要求を満足します。研究所、水処理場、水質チェックの現場など様々な場所での測定器のチェック、校正に便利なシミュレータです。豊富な出力仕様にも関わらず操作は簡単です。二段表示の大型ディスプレーと操作シンボルにより、熟練がなくても使用できます。 HD9609はその出力チャンネルAに、以下の範囲のpH、ORP、ISFET測定用電極の擬似信号を出力します。 ● pH0~14、分解能pH0.10 ● ±1999mV、分解能1mV また、以下のふたつの出力インピーダンスがユーザー選択できます。 ● 100kΩ、低インピーダンス ● 1GΩ、高インピーダンス 電極補正温度の擬似出力は-20~+150℃の範囲で、マニュアル設定できます。pHの擬似出力はpH0.1またはpH1のステップで希望する値にマニュアル設定できます。同様にmVの擬似出力は1または10mVのステップで希望する値にマニュアル設定が可能です。 HD9609の電子回路は操作しやすいABS樹脂製のケースに収納されており、電源は006P乾電池です。 HD9609はpH・mVシミュレータとして高い性能と優れた出力の長期安定性を提供できるよう、回路、部品の細部まで吟味して設計、製造されています。

シミュレータ本体のテクニカルデータ
pH擬似出力pH0~14
pH分解能pH0.1
pH精度(20~25℃にて)pH0.002
温度ドリフト±0.0005pH/℃
-5~+20℃、25~50℃の範囲
mV擬似出力±1999mV
mV分解能1mV
mV精度(20~25℃にて)±100μV
mVスケールでの温度ドリフト-199.9~+199.9: ±0.01mV/℃
-5~+20℃、25~50℃の範囲
mV温度ドリフト-1999~+1999: ±0.05mV/℃
-5~+20℃、25~50℃の範囲
ノイズ(0~10Hz)1μV p-p
補正温度の擬似出力-20~+150℃(-4~+302°F)
出力インピーダンス100kΩ1%、1GΩ5%(リード負荷容量なし)
ディスプレー二段LCD、3½桁、文字高さ12.5mm
表示シンボルpH、mV、℃、°F、HI imp、LO imp、0.1pH、1pH、1mV、10mV
信号LOU、ER1、CAL
動作温度-5~+50℃(23~122°F)
供給電源006P9Vアルカリ電池(電圧低下表示あり)
消費電流使用時5mA、電源OFF時20μA
電池寿命約200時間
外形寸法(L×W×H)187×72×38mm
重量約300g

資料請求・お見積り