微電圧信号増幅変換器

HD978TR3    DINレール型DC4~20mA出力
HD978TR4    DINレール型DC0~10V出力
HD978TR5壁掛型 DC4~20mA出力
HD978TR6壁掛型 DC0~10V出力
HD778-TCAL   微電圧発生器  

■入力範囲-10~+60mV
■出力DC4~20mA、0~10V
■DINレール装着型、壁掛型
■微電圧発生器(HD778TCAL)

HD978TRシリーズはmV信号を入力として、スケーリングが可能な微電圧増幅変換器です。出力に対応するmV入力信号の範囲はソフトウェアDeltaLog7付属の電圧シミュレータHD778-TCAL、またはmV発生器を使用して-10~+60mVの範囲内で設定が可能です(最小スパン2mV)。HD978TR3およびHD978TR5の出力は4~20mA、HD978TR4およびHD978TR6の出力は0~10Vです。(0~1V、0~5V、1~5Vも製作可能) 変換器には赤色LEDが設けられており、設定中の異常状態を警告して設定作業を補助します。入出力は電気的に絶縁されており、接地ルート中で発生する外乱ノイズによる相互干渉に起因する問題を排除しています。また、変換器は逆接保護も備えています。HD978TR3およびHD978TR4はDINモジュール2台分のコンパクトなケース(幅35mm)、HD978TR5およびHD978TR6は壁掛型ケースに収納されており、何れもスペースをとりません。 HD978TR3およびHD978TR5の4~20mA出力は2線式のパッシブタイプで、同じ電流ループを介して変換器に電源を供給します。

◆ソフトウェアボタンは、最新のバージョンをダウンロードしていただけるよう、英語オリジナルサイトに直接リンクしています。

テクニカルデータ
(20℃、DC24Vにて)
HD978TR3
HD978TR5
HD978TR4
HD978TR6
測定範囲-10~+60mV スケーリング可
初期設定範囲0~20mV
最少測定スパン2mV
入力インピーダンス>1MΩ
変換速度2測定/秒
精度±0.04%FS ±20μV
動作温度-30~+70℃
保存温度-40~+80℃
相対湿度0~90%RH(結露なきこと)
出力タイプ (※)4~20mA(または20~4mA)
2線式 入力異常に対し22mA出力
DC0~10V(DC0~1V、0~5V、1~5Vも製作可)
分解能4μA20μV
供給電源4~20mA電流出力:DC9~30VDC0~10V電圧出力:DC15~30V(4mA)
その他の電圧出力:DC10~30V(4mA)
逆接保護40V Max
電源電圧変動の影響0.4μA/V2μA/V
負荷抵抗RLmax = (Vdc-9) / 0.022
RLmax = 625Ω(DC24V)
>10kΩ
入出力絶縁DC50V(250Vにてチェック)
LED(赤)表示設定中、入力未接続、測定範囲外に対して点灯
予熱時間2分
温度係数0.02%FS /℃
本体ケースHD978TR3・HD978TR4: DINレール装着モジュール
HD978TR5・HD978TR6: 壁掛型IP67ケース
※:測定電圧Vが設定電圧V1~V2(V1<V2)の範囲外の場合、変換器は測定電圧V<V1およびV>V2に対して、それぞれ0.1mVの範囲で、出力を一定に保持します。
  電流測定の場合も同様です。

資料請求・お見積り