温度トランスミッタ

HD48(V)07T・HD4907T 温度出力

■標準レンジ(-20~+80℃)、拡張レンジ(-40~+150℃)
■NTCサーミスタ(標準レンジ)、Pt100クラスA(拡張レンジ)
■DC4~20mA、DC0~10VまたはRS485出力
■下方、背面、分離、3種類のプローブ形状バリエーション

HD48□□TおよびHD49□□Tシリーズのトランスミッタは温度、相対湿度、露点温度を測定、演算します。標準アナログ信号出力のみの機種とMODBUS-RTUプロトコルのRS485出力のみの機種が準備されています。アナログ出力機種はディスプレー、記録計などに適したアナログ信号、RS485出力機種はPCやPLCとの接続用のシリアル信号を供給します。 HD48□□TシリーズはアクティブタイプのトランスミッタでDC、AC両方の電源で使用でき、標準電流出力DC4~20mAまたはDC0~10V、あるいはRS485出力が選択できます。HD49□□Tシリーズはパッシブタイプで、4~20mAの電流ループで使用できます。 HD48□□T、HD49□□Tシリーズは空調・換気分野(HVAC、BEMS)における温度、相対湿度の制御を目的として設計されており、製薬工場、美術館、クリーンルーム、換気ダクト、厨房・食堂、講堂、スポーツジム、農場施設その他様々な産業、民生用途に使用できます。 相対湿度には実績のある静電容量型湿度センサを使用し、精度、長期信頼性の高い測定を行います。温度測定は両シリーズとも、標準測定範囲 -20~+80℃または拡張測定範囲-40~+150℃の何れかで供給可能です。プローブ先端部には塵粒や強い風流からセンサを守るステンレススチール製20μm保護フィルタが装着されています。 トランスミッタは工場で校正されており、使用前の再校正や調整は必要ありません。 何れの機種も、ダクト挿入用背面プローブ(TO)、壁掛け用下方プローブ(TV)またはケーブル接続の分離プローブ(TC)の何れかのプローブ形状を組み合わせることができます。プローブのステム長さは135mm、335mmの2種類が標準です。トランスミッタの取付けには、フランジHD9008.31、ケーブルグランドPG16などのオプションを準備しています。 オプションの4桁LCDディスプレーを装備することにより、温度または湿度の連続あるいは交互表示モードで測定値を表示させることが可能です。

◆ソフトウェアボタンは、最新のバージョンをダウンロードしていただけるよう、英語オリジナルサイトに直接リンクしています。

テクニカルデータ

■温度測定(標準レンジ)

センサNTCサーミスタ 10kΩ
測定範囲-20~+80℃
測定精度±0.3℃(0~+70℃)、±0.4℃(-20~0℃、70~80℃)
再現性0.05℃

■温度測定(拡張レンジ)

センサPt100 クラスA
測定範囲-40~+150℃
測定精度±0.3℃
再現性0.05℃

■出力

出力各機種のアナログ、シリアル出力は表2の通り

■供給電源および接続

供給電源HD48□□シリーズ: DC16~40VまたはAC24V±10%
HD49□□シリーズ: DC12~40V
電気的接続端子接続、ケーブルグランドM16

■一般使用条件

プローブ動作温度TV(下方):0~60℃、T480(エアパイプ用):-40~+60℃
TO(背面)および(分離)標準レンジ:-20~+100℃
TO(背面)および(分離)拡張レンジ:-40~+150℃
保存温度-20~+80℃
回路部保護等級IP66
本体ケース外形寸法80×84×44mm

資料請求・お見積り