サーミスタ温度・湿度WEBデータロガー
(温湿度センサ本体一体ブローブ)

HD501NTV

HD501NTVは下方型温湿度プローブ本体一体の温湿度WEBデータロガーです。EthernetやWi-Fiの通信を備えたネットワークロガーで、専用ソフトウェア(HDServer1、HD35AP-S)でモニタリング・データ保存・管理ができます。専用ソフト以外では、無料のDeltaOHMクラウドの他にFTP、Modbus TCP/IPでお客様のシステムへの取り込みも可能です。
本体内部にはWEBサーバーを内蔵しており、ネットワーク経由でロガーにアクセスして、ロガーの設定や測定値のモニタリングを行うこともできます。
電源は専用ACアダプタでの電源供給で、電池切れなどの心配もなく安心してお使いいただけます。
さらにHD35ワイヤレスデータロガーシステムと合わせた一元管理を行うこともできます。

テクニカルデータ

温度(NTC10Kセンサ)
センサNTC10KΩ(25℃にて)
測定範囲-40~+105℃
分解能(データロガー)0.1℃
精度±0.3℃:測定範囲0~70℃、±0.4℃:左記以外の測定範囲
安定性0.1℃/年
相対湿度
センサ静電容量型
測定範囲0~100%RH
分解能(データロガー)0.1%RH
精度±1.8%RH(0~85%RH)/±2.5%RH(85~100%RH)、15~35℃にて 
±[2+1.5%rdg.]%RH、上記以外の温度範囲にて
センサ動作温度-20〜+80℃(標準)
-40〜+150℃(プローブタイプHP3517E)
応答時間T₉₀<20秒(空気流速=2m/s、フィルター無しにて)
温度ドリフト±2%、動作温度範囲全域において
安定性1%/年
本体
測定インターバル1、2、5、10、15、30秒/1、2、5、10、15、30、60分
ロギングインターバル1、2、5、10、15、30秒/1、2、5、10、15、30、60分
内蔵メモリ循環管理式またはメモリ飽和時停⽌
保存可能サンプル数:906,640
インターフェースWi-Fi(IEEE802.11b/g/n)およびイーサネット(RJ45コネクタ)
プロトコルプロプリエタリTCP/IP、Modbus TCP/IP、SMTP、FTP、HTTP、NIST
Wi-Fiセキュリティ設定WEP64、WEP128、WAP、WAP2
アラーム内部ブザーによる可聴信号、パネル前⾯LED、Eメール送信
供給電源外部電源DC7~30V(内蔵電池なし)
消費電⼒40mA(24Vにて)/80mA(12Vにて)/ピーク<200mA
ディスプレイカスタムLCDまたはグラフィックLCD(何れもオプション)
LED表示電源供給状態、ネットワーク接続(LAN/WLAN)、アラーム
動作温度/湿度-20~+70℃、0~100%RH 結露なきこと
本体ハウジング材質:ポリカーボネート
外形⼨法:130×90×40mm(フランジ付は156×90×44mm)
保護等級:IP54(RJ45コネクタ保護キャップ付にて)
重量約300g
取付け⽅法壁掛、屋内使⽤

資料請求・お見積り