3G回線対応 親機 (アクセスポイント)

HD35AP3G

HD35AP3Gは3G回線(ドコモ系)に対応したワイヤレスロガーの親機です。3G回線を使って記録データをFTPで送信したり、無料のDeltaOHMクラウドに送信したり、アラームメールの送信を行うことができます。
3G回線とDeltaOHMクラウドを使うことで遠隔監視を簡単に行うことができます。

【特徴】
・3G回線(ドコモ系)に対応
・無料のクラウドサービス対応
・USBでPCにダイレクト接続可能
・内蔵バックアップ電池で1日程度の供給可能
・内蔵メモリで記録データをバックアップ

◆ソフトウェアボタンは、最新のバージョンをダウンロードしていただけるよう、英語オリジナルサイトに直接リンクしています。

テクニカルデータ
無線周波数915.9~929.7MHz(日本)
送信距離見通し距離にて:内部アンテナ付データロガーに対して300m
外部アンテナ付リピータやデータロガーに対して500m以上
( 送信距離は、障害物や悪天候により減少することがあります。)
3G回線NTTドコモ系の回線に対応
EメールまたはSMSによるアラームの送信、
EメールまたはFTP ( ※2 ) によるデータの送信
DeltaOHMクラウドへのデータ送信
USB出力Mini-USBコネクタ付 ( CP23ケーブル )
電源供給内蔵3.7Vリチウムイオン充電池、容量2250mA/h、JST3極コネクタ
DC6V出力ACアダプター ( AC‐PTS‐6V、オプション )
PCのUSBポートから直接電源供給 ※1
動作条件-10~+60℃ / 0~85%RH 結露なきこと
外形寸法135×86×33mm ( アンテナ含まず )
重量約200g
ハウジング材質LuranS777K
※1 3G接続で送信を行う時は、DC6Vの外部電源からの電源供給を推奨します。
※2 基本バージョンにおいて、ネットワーク中のデータロガーが5台までの場合に限り、
   データは最小インターバルの2分でFTPにより送信されます。
   短いインターバルでのFTP通信には、PLUSまたはCFR21ソフトウェアオプションが必要です。

資料請求・お見積り