クラスB天空散乱日射計

LPPYRA12μV出力 LPPYRA12AC(4)DC4~20mA出力 LPPYRA12AV(4)DC0~1V出力 LPPYRA12ACS(4)DC4~20mA+RS485出力 LPPYRA12SRS485出力 LPPYRA12S12SDI12出力

■ISO9060:2018に準拠する天空散乱日射計
■放熱性、温度特性に優れたコンパクトで丈夫なケース設計
■ISO17025認定ラボ(JCSS同等)に裏打ちされた精度と信頼性
■設定環境における干渉に対する高いイミュニティ

LPPYRA12シリーズは散乱日射のみを測定することができる遮蔽リングが標準付属しており、クラスB全天日射計LPPYRA02に取付けて使用します。
このシリーズの日射計はすべてサーモパイルセンサの測定原理に基づいています。この測定原理では外部からの電源供給なしでμVの測定信号が得られます。測定信号を長距離伝送し、信号干渉を避けられる標準信号出力機種はトランスミッタを内蔵しています。4~20mA、DC0~10VまたはRS485 Modbus-RTU出力を使用する場合は外部からの電源供給が必要です。これらの出力は常にW/m²に関係付けられており、ソーラーパネル全面に対する日射量との関係性を得ることができます。
すべてのデルタオーム社製日射計は電気的なシステムが筐体から完全に絶縁されるよう設計されています。これにより、日射計を、追加的な絶縁処理を施すことなく、金属を含むあらゆる設置面に取付けることが可能です。デルタオーム社は世界の主要日射計メーカーのひとつで、ISO9060:2018に準拠するスペクトラリーフラットクラスA、B、Cの幅広い全天日射計を製造しています。
全天日射計はスタンドアローン測定器として、あるいはデルタオーム社が提供する気象ステーションと組合わせて使用することができます。

資料請求・お見積り