放射収支計

LP NET07

■高感度出力10μV ( W/m² )
■屋内使用も可

放射収支計LP NET07は近紫外から遠赤外までのスペクトル領域における放射収支を測定します。放射収支は、放射収支計の上面を照射する放射と下面を照射する放射の差として定義されます。上に向いた面では直達太陽放射、拡散太陽放射と天空 ( 雲 ) からの長波長放射を測定し、下に向いた面では反射太陽放射 ( アルベド ) に加えて長波長地球放射を測定します。

放射収支計LP NET07は丈夫な構造で、いかなる天候条件においても屋外で使用できるよう設計されており、長期測定において高い信頼性を有しています。一般的に放射収支計は気象学において放射バランスを測定するために使用されますが、放射収支計 LP NET07は屋内放射温度の測定にも使用できます ( ISO7726 )。

テクニカルデータ
代表感度 ※10μV/ ( W/m² )
インピーダンス2~4Ω
測定範囲±2000W/m²
スペクトル範囲0.2~100.0μm
動作温度-40~+80℃
重量0.35kg
レスポンス時間<75秒
注: 記載の感度は“代表感度”であり、放射収支計の出力には個体差があります。

資料請求・お見積り