日照時間センサ

LP SD18.1 RS485+接点出力
LP SD18.2 RS485+アナログ電圧+
      デジタル電圧出力
LP SD18.3 SDI-12出力+接点出力

■WMO定義のしきい値120W/m²による日照時間測定
■RS485、電圧アナログ、電圧デジタル、SDI-12、接点出力

日照時間センサLP SD18は日照の状態と時間を測定します。WMO ( 世界気象機関 ) は日照時間を、直達太陽放射が120W/m²を超えている時間の長さと定義しています。 LP SD18は特定の位置に配置されたフォトダイオード列で測定を行います。これにより、どのような気象条件下でも正確な放射測定が得られます。この方法は機械的可動部品がないため、高い測定信頼性を保証します。 LP SD18は、WMO要求に準じて太陽の在否を表示するのみならず、直達放射 ( SRD ) を測定します。従って、この日照時間センサは、太陽追尾装置との組合せで、ローコストの直達日射計としても使用できます。

LP SD18には出力タイプの違いにより、三つのバージョンがあります。
●LP SD18.1 RS485 Modbus-RTU出力および無電圧接点出力 ( 閉=SRD≧120W/m²、開=SRD<120W/m²)
●LP SD18.2 RS485 Modbus-RTU出力、アナログ電圧出力DC0~1V ( 直達放射0~2000W/m²に相当 )およびデジタル電圧出力 ( 出力1V=SRD≧120W/m²、出力0V=SRD<120W/m² )
●LP SD18.3 SDI-12出力および無電圧接点出力( 閉=SRD≧120W/m²、開=SRD<120W/m² )

テクニカルデータ
受感素子シリコンフォトダイオード×16
スペクトル範囲360~1100nm
直達放射(SRD)測定範囲0~2000W/m²
直達放射測定精度月間合計において90%超
日照時間センサ測定精度月間合計において90%超
応答時間<1秒
しきい値120W/m²
日照時間分解能1秒
本体供給電源・消費電流DC7~30V、5mA(12Vにて)
ヒータシステム供給電源DC12~15V
結露防止ヒータ消費電力1W(12Vにて)
氷結防止ヒータ消費電力5W(12Vにて)
内部温度<6℃でON、>10℃でOFF
内部温度測定範囲-40~+80℃
内部温度測定精度±0.5℃
動作温度-40~+80℃
重量0.9kg
保護等級IP66
出力LP SD18.1・RS485 Modbus-RTU
・絶縁接点
(閉=SRD≧120W/m²、開=SRD<120W/m²)
LP SD18.2・RS485 Modbus-RTU
・アナログ出力DC0~1V(0~2000W/m²)
・デジタル出力0~1V
(1V=SRD≧120W/m²、0V=SRD<120W/m²)
LP SD18.3・SDI-12
・絶縁接点
(閉=SRD≧120W/m²、開=SRD<120W/m²)

資料請求・お見積り