ソーラーパネル表面温度トランスミッタ

HD4807TFP.3DC4~20mA出力 HD48V07TFP.3DC0~10V出力 HD48S07TFP.3RS485 Modbus-RTU出力 HD4907TFP.32線式DC4~20mA出力

■高精度Pt100センサ(JISクラスB)パネル表面温度センサ
■豊富な出力オプション:DC4~20mA、0~10V、RS485
■全機種ディスプレー表示可(オプション)、標準ケーブル長3m

HD48□07TFPおよびHD4907TFPシリーズは、ソーラーパネル用表面温度センサと一体の温度トランスミッタです。温度センサには高精度のPt100センサ(JISクラスB)を採用しており、標準ケーブル長は3mです(ご指定により他のケーブル長も製作可)。
HD48□07TFPシリーズはアナログ出力DC4~20mA、DC0~10VまたはRS485 Modbus-RTUの何れかの出力が選択できます。HD4907TFPシリーズはパッシブタイプで、2線式DC4~20mAアナログ信号を出力します。
アナログ出力機種はリモートディスプレーや記録計、PLCに適した信号を供給し、RS485出力機種のデジタル信号はPCやPLCとの接続に適しています。
全ての機種がディスプレー付(オプション)で供給できます。表面温度プローブの動作温度範囲は-40~+85℃、本体回路部の動作温度は-20~+60℃です。供給電源はHD48□□TFPシリーズはDC18~40V(またはAC24V)、HD4907TFPシリーズはDC12~40Vです。

■テクニカルデータ
プローブ動作温度-40~+85℃
プローブ感温部サイズW10×L30×H5mm
プローブ感温部材質アルミ(粘着式)
標準アナログスケーリングHD4807TFP.3:4~20mA=-40~+80℃
HD4907TFP.3:4~20mA=-40~+80℃
HD48V07TFP.3:DC0~10V=-40~+80℃
電子回路部動作温度-20~+60℃
供給電圧DC18~40VまたはAC24V:HD48□07TFP.3
DC12~40V:HD4907TFP.3
出力HD4807TFP.3:DC4~20mA
HD48V07TFP.3:DC0~10V
HD48S07TFP.3:RS485
HD4907TFP.3:DC4~20mA
オプション・ケーブル5m/10m
 ※標準は3m
・LCD表示

資料請求・お見積り