2次元超音波風向風速計

HD53LS.A風向・風速アナログ出力 HD53LS.SRS485 Modbus-RTU出力

■可動部のない構造によりメンテナンス頻度を著しく低減
■メカタイプの風速計では困難な低風速の測定が可能
■手早く簡単なφ40mmマスト取付け(オプションにて三脚)
■低消費電力のため遠隔地での太陽電池+蓄電池駆動が可能
■RS485 Modbus-RTU出力によるネットワーク化が可能

HD53LS.AおよびHD53LS.Sは磁気コンパスを内蔵しており、以下の要素を測定します:
・風速および風向、デカルト座標U-V要素
・瞬間風速(RS485 Modbus-RTU出力のHD53LS.Sのみ)
風速および風向の平均値は1秒から10分までの範囲で設定可能な時間で計算されます。
HD53LSシリーズには以下の二つのバージョンがあります:
HD53LS.A: アナログ出力×2のバージョン(風速、風向それぞれ1出力)、4~20mA(標準)、0~1V、0~5Vまたは0~10Vの何れかに工場設定されます(ご発注時要指定)。
HD53LS.S: RS485 Modbus-RTU出力のバージョン

HD53LSシリーズの風向風速計はφ40mmのマストに取付けます。風向風速計の設定、リアルタイム測定値のモニタ用にPCソフトウェアHD52.3D-Sが準備されています(本ウェブサイトから無償ダウンロード可能)。
オプションにて、ILAC-MRA(ACCREDIA)にトレーサブルな校正証明書の発行も可能です。

■テクニカルデータ
風速
 センサ超音波センサ
 測定範囲0~50m/s
 分解能0.1m/s
 精度±0.2m/sまたは±2%の何れか大きい値(0~35m/s)
±3%(>35m/s)
風向
 センサ超音波センサ
 測定範囲0~359°
 分解能
 精度±2°RMSE(風速1.0m/sから)
コンパス
 センサ磁気コンパス
 測定範囲0~360°
 分解能0.1°
 精度±1°
一般仕様
 供給電圧DC10~30V(0~10Vアナログ出力はDC15~30V)
 消費電力26mA、DC12Vにて
 アナログ出力風速および風向アナログ出力各1。出力は4~20mA(標準)、0~1V、0~5Vまたは0~10Vの何れかはご発注時要指定。アナログ出力更新周期1Hz。
 デジタル出力RS485 Modbus-RTU出力
 測定インターバル1秒から10分まで設定可
 電気的接続M23コネクタ
 動作温度-20~+55℃
 耐久限界風速90m/s
 外形寸法H≂179mm、φ150mm
 重量約640g
 ハウジングASA樹脂、金属部品AISI316ステンレススチール
 保護等級IP66
 取付け方法外径φ40mm、内径φ36mm、マスト取付け

資料請求・お見積り