2次元超音波風向風速計

HD52.3D

■測定範囲0~60m/s、分解能0.01m/s、コンパス内蔵
■日射量、気圧、温度、相対湿度のオプション追加が可能

HD52.3D□□シリーズは1台で以下の要素が測定できる2次元超音波風向風速計です。
・風速および風向、風速はU-V軸要素による測定
・相対湿度および温度
・全天日射量
・大気圧

HD52.3D□□シリーズはすべての機種がコンパスを内蔵しており、シリアルインターフェースはRS232C、RS485、RS422およびSDI-12、通信プロトコルはNMEA、Modbus-RTU、SDI-12を備えています。また、すべての機種が風速および風向に対するふたつのアナログ出力を備えており、出力はDC4~20mA(標準)またはDC0~1V、DC0~5V、DC0~10Vの何れかに工場設定が可能です(ご注文時要指定)。
オプションのヒータ機能は風向風速計に氷雪が積もることを防ぎ、あらゆる気象条件において精度の高い測定を可能にします。
オプションにて、トレーサビリティを有するACCREDIA校正証明書(ILAC-MRAにより日本を含めて国際相互認証)の添付も可能です(ご注文時要指定)。

■主なアプリケーション
● 気象ステーション
● 環境モニタリング
● 農業気象
● スポーツ施設
● 空港
● 船舶、港湾施設
● HVAC(ヒーティング、換気、空調)
● 建設、クレーン安全設備
● 再生可能エネルギー(風力、太陽光発電)

◆ソフトウェアボタンは、最新のバージョンをダウンロードしていただけるよう、英語オリジナルサイトに直接リンクしています。

■主な特長
● 可動部がなく、メンテナンス、サービスコストが著しく低減できます。
● 高い測定感度により、従来方式の風向風速計では測定できない低速からの測定が可能です。
● 低消費電力設計により、遠隔地でのソーラーパネルおよび電池による駆動も可能です。
● オプションのヒータ機能は雪や氷の形成を防ぎ、あらゆる気象条件における高精度測定を可能にします。
● 手早く簡単な取付けが可能で ( オプションの取付けキットHD2004.20によりφ40mmポールに簡単に取付け )、
  内蔵コンパスが位置合わせに役立ちます。
● オプションの測定要素の付加により、1台で気象ステーションの主な要素が測定できる、軽量コンパクトなオールインワン測定器です。
● Modbus-RTU出力により風向風速計のネットワーク化も可能です。

テクニカルデータ

■風速

センサ超音波センサ
測定範囲0~60m/s
分解能0.01m/s
精度±0.2m/sまたは±2%の何れか大きい値(0~35m/s)±3%(>35m/s)

■風向

センサ超音波センサ
測定範囲0~360°
分解能0.1°
精度±2°RMSE、1.0m/sから

■コンパス

センサ磁気コンパス
測定範囲0~360°
分解能0.1°
精度±1°

■空気温度(オプションコード“17”)

センサPt100
測定範囲-40~+60℃
分解能0.1℃
精度±0.15℃±0.1%rdg

■相対湿度(オプションコード“17”)

センサ静電容量型
測定範囲0~100%RH
分解能0.1%RH
精度(15~35℃):±1.5%RH(0~90%RH)、±2%RH(左記以外の範囲)
(-40~+60℃、15~35℃を除く):±(1.5+1.5%rdg)%RH

■大気圧(オプションコード“4”)

測定原理ピエゾ抵抗式
測定範囲600~1100hPa
分解能0.1hPa
精度±0.5hPa(20℃にて)

■全天日射量(オプションコード“P”)

センササーモパイル
測定範囲0~2000W/m²
分解能1W/m²
精度クラス2

■その他の一般仕様

供給電源DC10~30V
消費電力DC12V、ヒータ無しの場合26mA、ヒータ付の場合6W
シリアル出力RS232C、RS485、RS422、SDI-12
通信プロトコルNMEA、Modbus-RTU、SDI-12
アナログ出力風速および風向用アナログ出力(2出力)出力はご注文時に下記からひとつを指定:
DC4~20mA(標準)、DC0~1V、DC0~5V、DC0~10V(電源電圧DC15~30Vが必要)
電気的接続M23、19芯オスコネクタ
動作温度範囲-40~+60℃
外形寸法外形寸法図の通り
重量約1kg (全オプション装備機種HD52.3DP147)
ハウジング材質プラスチック部: LuranS(ASA)
金属部: AISI316ステンレススチール
保護等級IP66

資料請求・お見積り