照度・輝度・放射照度計

HD2102.11照度・輝度・放射照度計 HD2102.21データロガー 照度・輝度・放射照度計

■照度・輝度・PAR・UVA・UVB・UVC・照度+UVA・青色光・日射
■ロギング保存データ38,000
■MAX-MIN-AVG、偏差測定

HD2102.11およびHD2102.21は大型LCDを備えたハンディタイプの照度・輝度・放射照度計です。プローブの選択により照度、輝度、PAR(光合成有効放射)、放射照度(VIS-NIR、UVA、UVB、UVCのスペクトル域、あるいはCIE UV action curveに準ずる有効放射)を測定します。
すべてのプローブは工場における校正内容をメモリした自動認識モジュール(SICRAM)を装備しています。
瞬時値の測定に加えて、当照度・輝度・放射照度計は得られた測定値の時間積分値を計算します。メニューで時間積分測定値と積分時間が設定でき、これによりしきい値を関連付けることができます。このしきい値を超えた場合、測定器は積分計算を停止します。
HD2102.21はデータロガーとして、単一要素プローブの場合は38,000まで、複合要素プローブの場合は14,000までの測定データを保存することができ、保存したデータはRS232CおよびUSB2.0を介してPCに送信できます。データの保存インターバル、プリントの内容、ボーレートはメニューで設定が可能です。HD2102.11およびHD2102.21はRS232Cシリアルポートを備えており、測定データをリアルタイムでPCやポータブルプリンターに送信します。
MAX-MIN-AVG機能により任意の時間内の最大値、最小値および平均値を表示できます。その他の機能として、任意の瞬間の測定値を基準値とするREL(偏差測定)、HOLD、オートパワーオフ機能などを備えており、本体はプローブ接続時も保護等級IP66です。

■測定器本体のテクニカルデータ

照度・輝度・放射照度計本体
 外形寸法(L×W×H)185×90×40mm(突起部含まず)
 重量470g(電池を含む)
 ハウジング材質ABS、ラバー
 ディスプレー2×4½桁および表示シンボル
可視部寸法52×42mm
動作条件
 動作温度-5~+50℃
 保管温度-25~+65℃
 動作湿度0~90%RH 結露なきこと
 保護等級IP66
電源
 乾電池1.5V単3乾電池×4個
 電池寿命200時間(1800mAhアルカリ電池にて)
 電源OFF時の消費電流20μA
 AC電源ACアダプタ(2次電圧DC12V/1A)
測定単位lux、fcd、lux/s、fcd/s、W/m²、μW/cm²、J/m²、
μJ/cm²、μmol m⁻² s⁻¹、μmol/m²、cd/m²、μW/lumen
データの保存電池電圧にかかわらず無期限に保存
時間
 日付および時間リアルタイム
 時計精度最大月差1分
測定値の保存 - HD2102.21
 タイプ(単一要素プローブ)2,000ページ、各ページ19データ
(複合要素プローブ)2,000ページ、各ページ7データ
 データ数(単一要素プローブ)38,000データ
(複合要素プローブ)14,000データ
 保存インターバル1、5、10、15、30秒、1、2、5、10、15、20、30分、1時間
RS232Cシリアルインターフェース
 タイプRS232C(電気的絶縁)
 ボーレート1200~38400の範囲で設定可
 データビット数8
 パリティなし
 ストップビット1
 フロー制御Xon/Xoff
 シリアルケーブル長最大15m
 プリントインターバル即時または1、5、10、15、30秒、1、2、5、10、15、20、30分、1時間から選択
USBインターフェース - HD2102.21
 タイプ1.1/2.0(電気的絶縁)
接続
 プローブ入力8極オスDIN45326コネクタ
 RS232CシリアルI/F8極MiniDINコネクタ
 USBインターフェースタイプB MiniUSBコネクタ
 AC電源アダプタ2極コネクタ(中心軸=+極)

※ SICRAMモジュール: プローブの識別情報、校正データなどが書き込まれたメモリを内蔵し、本体 – プローブ間のインターフェースとして機能します。

資料請求・お見積り