分光放射照度計・データロガー

HD30.1 分光放射照度計・データロガー

■プローブHD30.S1(可視光)およびHD30.S2(紫外光)
■大型タッチパネルで測定実行、測定値の確認、保存が可能
■内蔵メモリおよび外部メモリ(マイクロSD、USB)にデータ保存
■Excel互換フォーマットでのデータエクスポート

デルタオームHD30.1は可視光および紫外領域の光のスペクトル分析用に開発された、データロガー機能付の測定器です。HD30.1は、使い方の柔軟性、コスト、使い易さを考慮して設計されています。HD30.1は、ケーブルで相互に接続される、データロガー機能内蔵の表示器HD30.1と2種類の測定用センサ(HD30.S1(スペクトル範囲380~780nm)およびHD30.S2(スペクトル範囲220~400nm))で構成されています。

テクニカルデータ                                                
HD30.1+HD30.S1HD30.1+HD30.S2
センサ直線型CCD(2048素子)直線型CCD(2048素子)
スペクトル範囲380~780nm220~400nm
分光計のタイプ透過型回折格子に基づく
開口数(N.A.)0.16
入光スリット125μm70μm
バンドパス4.5nm2.5nm
波長精度/波長再現性0.3nm/0.1nm
平均化時間、モード1ms~4s、自動/マニュアル
拡散光<0.03%<0.03%
測定モード分光放射照度、放射照度、
照度(lux)、PAR、相関色温度(CCT)、
色度座標CIE1931(x、y)およびCIE1976(u’、v’)、
CRI(演色評価数)、
スペクトル透過率
分光放射照度、
UVA放射照度、
UVB放射照度、
UVC放射照度、
スペクトル透過率
測定タイプシングル(Single): 単発データ取得、データ保存あり
連続(Continue): 連続データ取得、データ保存あり
モニタ(Monitor): 連続データ取得、データ保存なし
ロギング(Logging):  インターバル時間(3分~60分)でのデータ取得、データ保存あり
光入力部寸法φ11.8mm(乳白色クォーツディフューザ)
余弦則補正クォーツディフューザ(3mm)クォーツディフューザ(2mm)
校正光源ハロゲン基準ランプ重水素基準ランプ
使用範囲照度2~80000lux放射照度0.20~150W/m2
不確かさ分光放射照度±5%、
照度±4%、PAR±4%、
CCT±45K、x、y±0.002%、
CRI±1.5
分光放射照度±15%、
UVA放射照度±6%、
UVB放射照度±8%、
UVC放射照度±10%
OSLinux
ディスプレー4.3インチタッチパネル(480×272ピクセル)
データ保存内蔵メモリ(150MB)、マイクロSDカード、USB(付属せず)
PC接続イーサネットケーブル、ミニUSBコネクタ
電源供給リチウムポリマー充電池6600mA/h-3.7VまたはACアダプタAC-PTS-6V(DC6V)
エクスポートデータフォーマットExcelとの互換性
本体の寸法・重量L135×W156×H42mm、440g
プローブの寸法・重量L75×W150×H74mm、ケーブル長1.5m、370g
動作温度0~40℃
アップグレードインターネット経由

資料請求・お見積り