地中温度プロファイルプローブ

TP32MTT.03  7深度測定
TP32MTT.03.1 6深度測定

■7段または6段深度測定による地中温度プロファイリング
■WMO準拠、長期高精度・安定計測、RS485 Modbus-RTU出力
■土壌親和性の高いプローブハウジング、保護等級IP68

温度プローブTP32MTT.03は七つのPt100センサ ( クラス1/3DIN ) を内蔵しており、WMO ( 世界気象機関 ) 要求に準拠して、地面を基準として、+5cm、0cm、-5cm、-10cm、 -20cm、-50cm、-1mの7深度の温度を測定します。 温度プローブTP32MTT.03.1は六つのPt100センサを内蔵、地面を基準として、+5cm、0cm、-5cm、-10cm、-20cm、-50cmの6深度の温度を測定します。 プローブハウジングの材質はグラスファイバーで、完全な不浸透性と縦方向の高い熱絶縁性を保証します。 Modbus-RTUプロトコルのRS485デジタル出力により、長距離の接続ケーブルの使用が可能です。プローブはデルタオーム製のデータロガーHD32MT.1やHD32MT.3、あるいは他のRS485 Modbus-RTU入力を備えたデータロガーに接続できます。プローブのハンドグリップ部に装着されたM12コネクタにより、ケーブル接続は簡単に行えます。ケーブル ( オプション ) の片側は切放しで、長さは2m、5m、10mから選択できます。プローブに対する供給電源はDC6~30Vです。

テクニカルデータ
センサタイプ・クラスPt100、1/3DIN(JISクラスA)
分解能0.01℃
精度±0.1℃(0℃にて)
動作温度範囲-40~+85℃
温度ドリフト0.003%/℃、20℃にて
供給電源DC6~30V
消費電流5mA、DC12Vにて
出力RS485 Modbus-RTUプロトコル
接続8極M12オスコネクタ
ケーブル(オプション)8極M12メスコネクタ付、片側切放し、長さ2m、5mまたは10m(ご注文時要指定)

資料請求・お見積り