土壌体積含水率・温度測定プローブ

HD3910.1 土壌VWC・温度 2電極
HD3910.2 土壌VWC・温度 3電極

■土壌侵襲性の低い静電容量型センサ
■測定体積Φ60×H150mmおよびΦ40×H110mm
■RS485、SDI-12、アナログ電圧0.5~3V出力
■樹脂製密閉ハウジングによる高い耐環境性

  • 2電極(HD3910.1、測定体積Φ60×H150mm)または
    3電極(HD3910.2、測定体積Φ40×H110mm)で土壌体積含水率を測定
  • 土壌温度を測定
  • 複数の出力オプションが可能(モデルにより):
    RS485(デジタル、Modbus-RTUプロトコル)、SDI-12(デジタル)、アナログ電圧
  • 長期間の正確で安定した測定
  • 保護等級IP67
  • 極めて低い土壌侵襲性
  • 容易な設置
  • 農業、水文学、地質学用途向け

プローブHD3910.1(2電極)およびHD3910.2(3電極)は、土壌体積含水率(VWC)を測定します。静電容量測定原理により、農業用地において迅速かつ低い侵襲性での測定が可能です。3電極プローブHD3910.2は特に、小さい測定体積(鉢植え栽培など)での測定に適しています。

当プローブは工場出荷時に校正されており、エンドユーザーによる追加校正は必要ありません。回路基板はプラスチック製のハウジングで保護されており、エポキシ樹脂で密閉されています。これにより、厳しい環境条件においても信頼性の高い測定が可能です。

Modbus-RTUプロトコルでのRS485デジタル出力を備えたバージョンには、非常に長い接続ケーブルを使用することもできます。
データロガーHD32MT.1、HD32MT.3のほか、RS485 Modbus-RTU入力を備えたあらゆるデータロガーへの接続が可能です。SDI-12デジタル出力を備えたバージョンは、プロトコルバージョン1.3に適合しており、データロガーHD32MT.3のほか、SDI-12入力を備えたあらゆるデータロガーに接続できます。アナログ出力のバージョンは、0.5~3Vの標準電圧出力を二つ備えています(体積含水率/温度用)。
オプションにて、0~2.5V、0~5V、0~10V出力。また、当プローブは、標準長さ5mまたは10m、裸線端の定置ケーブルを備えています。

テクニカルデータ

■体積含水率

測定原理静電容量
測定範囲0~100%VWC(アナログ出力バージョンでは60%)
分解能0.1%VWC
精度(23℃にて)±3%、0~50%VWCにて(標準ミネラル土壌、EC<5mS/cm)
測定体積Φ60×H150mm(2電極プローブ)
Φ40×H110mm(3電極プローブ)
センサ動作温度-40~+60℃

■温度

センサNTC10KΩ(25℃にて)
測定範囲-40~+60℃
分解能0.1℃
精度±0.5℃
長期安定性0.1℃/年
供給電源DC3.6~30V(0~2.5Vアナログ出力バージョン)
DC5~30V(RS485出力バージョン、0.5~3Vアナログ出力バージョン)
DC6~30V(SDI-12出力バージョン)
DC7~30V(0~5Vアナログ出力バージョン)
DC12~30V(0~10Vアナログ出力バージョン)
消費電流RS485出力バージョン:平均2mA、ピーク15mA(DC12Vにて)
アナログ出力バージョン:平均2.5mA、ピーク15mA(DC12Vにて)
SDI-12出力バージョン:スタンバイ時300μA(DC12Vにて)
           測定時<15mA(DC12Vにて)
出力モデルにより: 
● RS485 Modbus-RTUプロトコル
● SDI-12
● 0.5~3Vアナログ電圧
(0.5V=0%VWC/-40℃、3V=60%VWC/+60℃、最小負荷抵抗10kΩ)
材質柄 :熱可塑性プラスチックおよびエポキシ樹脂
電極:エポキシガラス、厚さ2mm
接続裸線端定置ケーブル、標準長さ5mまたは10m
保護等級IP67
重量約150g(5mケーブル含む)

資料請求・お見積り