ロガー機能付マルチチャンネル測定器

HD31

■温度・湿度・圧力・風速・光・CO₂・電流電圧入力
■3要素を同時に測定、大型のディスプレー(43×58mm)に測定値を表示
■測定結果のCSV出力、PDFレポートの発行が可能
■データダウンロード、閲覧用PCソフトウェアDeltaLog9を付属

HD31は、ロガー機能付きの多チャンネル測定器です。3つある入力部のそれぞれにプローブを接続し、測定、ロギングを行うことができます。プローブは、以下の要素を測定するSICRAM付きプローブ(校正データを保存するモジュール付きのプローブ)を取り揃えています。
・温度
・相対湿度
・大気圧、差圧
・風速
・照度、放射照度
・二酸化炭素(CO2
・直流電圧、直流電流
測定中は、3チャンネルの測定値を数値やグラフで同時に表示することができます。測定したデータは内蔵のSDカードにCSV形式で保存されます。ロギングのインターバルは、用途に応じてユーザー自身が設定することができます。内蔵バッテリーでも約18時間の連続使用が可能ですが、外部電源を接続すれば、さらに長期にわたるロギングも可能です。ロギング終了時には、SDカード内のデータをもとに、測定値の表やグラフを付したPDF形式のレポートが発行されます。
この他にも、測定値の平均・最大・最小値をディスプレーに表示したり、専用のプリンタを接続してデータを印刷するなど、多くの便利機能を備えています。
また、HD31ご購入時には、PC用ソフトウェアDeltaLog9が付属します。DeltaLog9を使用することで、PC上で本体の設定を行ったり、本体に保存された測定データをPCへダウンロードしたりすることが可能です。

◆ソフトウェアボタンは、最新のバージョンをダウンロードしていただけるよう、英語オリジナルサイトに直接リンクしています。

測定器本体のテクニカルデータ
精度(20℃にて)±0.02%rdg(本体のみ)
温度ドリフト(20℃にて)20ppm/℃(本体のみ)
長期安定性0.05%/年(本体のみ)
電源充電式3.7Vリチウムイオンバッテリー内蔵(容量2250mA/h、JST3極コネクタ)
オプションで、ACアダプタ(AC-PTS-5V、2次側DC5V/1A)による外部電源供給
PC接続時、PCのUSBポート(500mA以上)から電源供給
電池寿命連続18時間(代表値、Pt100プローブ×3接続時)
電池寿命は、接続するセンサの数と種類により異なります。
ロギングインターバル1、5、10、15、30秒、1、2、5、10、15、20、30分、1時間
データ保存容量最大4GBのSDメモリカード
連続ロギング時間は、記録する要素の数と、SDカードの容量により異なります。
(例えば、4GBのSDカードを使用した場合には、複数の要素をインターバル1秒で数か月間ロギングすることができます。)
入力8極DIN45326コネクタ入力×3
接続するプローブの種類により、本体では最大36の要素を扱うことができます。
クロックの安定性1min/月(最大ドリフト)
ディスプレーカラーグラフィックLCD、サイズ43×58mm
USB接続USBポート(ミニUSBコネクタ)×1
RS232C接続RS232Cシリアル出力×1(シリアルプリンタ接続用RJ12(6P6C)コネクタ)
ボーレート1200~115200の範囲で選択可
オートパワーオフ内蔵バッテリー動作時、最後にキー操作を行ってから電源オフするまでの時間を2、5、10、15、20、30分から設定可
オートパワーオフ機能はユーザー設定で無効にすることもできます。
外部電源接続時は自動的に無効になります。
動作条件-10~+60℃、0~85%RH(結露なきこと)
保存温度-25~+65℃
動作湿度0~90%RH 結露なきこと
材質ABS、ショア55ゴム(側面、ケース)
外形寸法165×88×35mm(ケース除く)
180×102×46mm(ケース含む)
重量約400g(電池、ケース含む)
保護等級IP64

資料請求・お見積り