ワイヤレスデータロガー

ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ

HD35シリーズ ワイヤレスデータロガーシステム
HD35シリーズは親機と子機の通信に920MHz無線通信を使ったワイヤレスロガーシステムです。子機の測定要素は、温度・湿度、大気圧、照度、CO2、CO、日射、風向風速、雨量、WBGT、アナログ信号、接点など25種類に対応しています。親機のインターフェイスは、USB、RS485、Ethernet、Wi-Fi、3G回線に対応した機種があります。データ管理は、親機から専用ソフトウェアでの管理、クラウド、お客様システムとの連携など自由に選択できます。

HD50シリーズ WEBデータロガー 
HD50シリーズはEthernetとWi-Fiに対応したWEBロガーです。ロガーにWEBサーバーを内蔵し、ブラウザからロガーの設定、モニタリングを行うことができます。データの管理は専用ソフトウェア、クラウドの他に、Modbus、FTP、HTTPでお客様システムとの連携も可能です。

HD33MT.3G 3G通信対応独立型マルチ入力データロガー 
HD33MT.3Gは防水で独立電源駆動ができ、3G通信に対応したマルチ入力のデータロガーです。測定データを3G回線でDeltaOHMクラウドなどへHTTP、FTP、メールでデータを送信することができます。気象ステーションの用途、河川の水位の測定、山間部の道路雨量測定などの用途で外部電源を使わずに独立電源で設置するだけでリモート管理ができます。接点出力を使ってアラーム時にパトライトやアナウンスなどを現地で流すこともできます。 ⇒ 詳細はこちらへ

HD35の特徴 / ⇒ HD35の詳細 / ⇒ HD50の特徴 / ⇒ HD50の詳細 / ⇒ ロガーの構成例

■HD35、HD50システム概要図

■HD35 ワイヤレスロガーの特徴

  • ・920MHz無線通信で構築も容易(子機:300m、リピータ:500m*)
  • ・最短1秒からのリアルタイムモニタリングと長期の電池寿命(1分間隔で3.5年)
  • ・異常時はアクセスポイントから即時メールアラーム(発生・復帰)
  • ・屋内用とIP67の屋外用端末で屋内外問わず使用可能
  • ・用途に合わせた多様な親機(Ethernet/Wi-Fi、USB、3G回線、RS485、屋外ソーラー駆動)
  • DeltaOHMクラウド(無料)対応(3G、Ethnernet対応親機のみ)(★)

■HD35 ワイヤレスロガーの詳細

■HD50 WEBロガーの特徴

  • ・マルチなデータ管理が可能-専用ソフト、クラウド、FTP/Modbus/HTTPで他システムとも連携
  • ・社内のみHDServer1ソフトで管理またはクラウドで管理、両方併用することも可能
  • ・内蔵のWEBサーバーから直接設定、モニタリングが可能。クラウドを使えばサーバーPC不要
  • ・Ethernet、Wi-Fiを使って接続設定も簡単
  • DeltaOHMクラウド(無料)対応で、どこからでも確認可能(★)

■HD50 WEBロガーの詳細

★DeltaOHMクラウド デモ画面


Delta OHM Cloud

■アプリケーションによる代表的なロガーの使用・構成例