ワイヤレスデータロガー

HD35シリーズ
ワイヤレスデータロガー

HD35シリーズは920MHzの無線を使って長距離の通信が可能な無線データロガーです。測定要素は、温度・湿度の他に大気圧、照度、CO2、アナログ信号、WBGT、風向風速、日射など25種類に対応しています。無線ロガーの本体は屋内用と防水の屋外用があり、屋内・屋外ともに電池駆動(約3年)で使用できます。
測定データはロガー、親機に記録され、アラームメールは親機から送信されるため、夜間など管理PCは電源を切っても問題ありません。測定データの管理は、専用ソフト以外にクラウドや、お客様システムへの取り込みも可能です。
他にない柔軟さを備えたリアルタイムモニタリング可能な無線ロガーです。

■システム概要図

■ワイヤレスデータロガー「HD35シリーズ」の特徴

  • ・920MHz無線通信で構築も容易(子機:300m、リピータ:500m*)
  • ・最短1秒からのリアルタイムモニタリングとデータロギング
  • ・異常時はアクセスポイントから即時メールアラーム(発生・復帰)
  • ・屋内用とIP67の屋外用端末で屋内外問わず使用可能
  • ・Modbus、FTP対応で自社システム/ソフトにも対応
  • DeltaOHMクラウド(無料)対応(3G、Ethnernet対応親機のみ)

■ワイヤレスロガーの詳細

■アプリケーションによる代表的なロガーの使用・構成例

  • 製薬・病院
  • 食品業界
  • 工業
  • 倉庫
  • 農業
  • 畜産
  • 太陽光発電所
  • 造船
  • 熱中症対策 WBGT