感雨計

HD2013.3感雨計

■ヒータ内蔵、高耐久性、IP68
■動作温度-40~+60℃
■自己校正アルゴリズム
■鳥よけスパイク(オプション)
■RS485(Modbus-RTUまたは専有プロトコル)/アナログ/接点出力
■気象の他、建設現場、ビルやビニールハウスの窓の自動開閉など

HD2013.3は静電容量原理に基づく感雨計です。雨滴によって湿った受感表面に応じて、受感素子の静電容量値が変化します。内蔵のヒータが感雨センサの水分を蒸発させて乾燥を保ち、霧や露による誤信号(誤動作)を防ぎます。低温においては、このヒータは雪を溶かし、雰囲気温度センサを使用して降雪量の検知を可能にする働きも兼ねています。
感雨計外側の円形ドームはセンサの誤動作を防ぐ風よけの働きをします。また、自動校正アルゴリズムは、センサの受感面に蓄積する汚れによって生じる応答の変動(ドリフト)を補正します。
HD2013.3はModbus-RTUまたはプロプリエタリプロトコルで使用できるRS485デジタル出力、0/4~20mAアナログ出力(ご注文時指定により0~10V出力も可能)、無電圧a接点出力を備えています。接点出力は降水が継続しているときに動作します。
感雨計HD2013.3の保護等級はIP68、壁面またはφ30~50㎜ポールへの取付けが可能なブラケットが標準付属しており、オプションで鳥よけスパイクの装着も可能です。接続ケーブル(オプション)の標準長さは5mまたは10mです。

■主な特長

  • 雨、雪、ひょう・あられの降水を精度よく検出できます。
  • 新”細雪”検出アルゴリズムにより軽微な降水も検出できます。
  • 拡張された動作温度により-40℃までの使用が可能です。内蔵のヒータと温度センサが雪を溶かし降雪も検知します。
  • ユニークな自己校正アルゴリズムによりセンサ受感表面の汚れの影響を受けません。
  • 3種類の出力、壁面/ポート取付けブラケットにより、感雨計の単体使用のみならず、気象システムへの組入れも可能です。

■テクニカルデータ

センサタイプ静電容量式、ヒータ内蔵
面積6.6cm²
角度30°
温度センサNTC10KΩ、25℃にて
測定範囲降水検出ON/OFF(降水中/降水なし)
センサ受感面の乾燥表面の割合
温度-40~+60℃
分解能降水検出センサの受感表面割合1%(デフォルト)
または0.1%に設定可
温度0.1℃
出力RS485非絶縁Modbus-RTUまたはプロプリエタリプロトコル
アナログ出力0/4~20mA(RLmax=500Ω)または
ご注文時指定によりDC0~10V出力
無電圧a接点Max.200mA、抵抗負荷DC30Vにて
供給電源電圧DC12~30V
消費電力ヒータOFF18mA、DC24Vにて
ヒータONMax.230mA、DC24Vにて
接続8極丸型コネクタ
動作条件-40~+60℃、0~100%RH
保管温度-40~+60℃
外径寸法φ70×70㎜
(取付けブラケットを除く感雨計本体のみ)
重量約450g
保護等級IP68
ハウジング材質テクノポリマーASA

※感雨計は降水の有無を大まかな尺度で検出するもので、降水量を測定する測定器(雨量計)ではありません。

資料請求・お見積り