大気圧トランスミッタ BAROsense

PBS86/88アナログ出力

■供給電圧DC8~35V、消費電流<4mA
 電池、ソーラーパネル電源用途に好適
 アナログ出力は4~20mA、0~1/0~5/0~10V

PBS86/88は大気圧測定用のアナログ出力トランスミッタです。ピエゾ抵抗素子の採用により極めて高精度で安定した大気圧の測定が可能です。長期にわたる再現性にも優れており、低ヒステリシスで、温度変化に対しても安定した性能を有しています。機種により電圧または電流のリニアなアナログ出力に変換します。オフセット(ゼロ)調整用ポテンショメータも備えています。

■テクニカルデータ
PBS86PBS88
センサピエゾ抵抗素子ダイアフラム
測定範囲600~1100hPa800~1100hPa
アナログ出力DC0~1V、0~5V、0~10Vまたは4~20mA
精度(20℃にて)±0.5hPa
分解能無限小(受信側計器による)
温度影響ゼロ、スパンとも<1%FS(-20~+60℃にて)
長期安定性(20℃にて)<0.25%FS(6ヶ月以上)
初動時間1秒(読み値の99%到達時間)
応答時間<200msec.
供給電源DC8~35V
消費電流<4mA
負荷
抵抗
電圧出力RLmin≧10kΩ
4~20mA出力RLmax≦500Ω
動作温度-30~+60℃
測定対象空気、非腐食性乾燥ガスのみ
許容過負荷200kPa

資料請求・お見積り